強迫性障害って何?

強迫性障害とは

人間関係の悩みを9割減らし

自分軸でラクに生きていけるようになる

「劇的」 人間関係 

ビフォーアフター カウンセリング

いながきつとむです。

 

 

強迫性障害とは、
自分の意思に反して不安な考えが次々に思い浮かび、それを抑えようとしても抑えられない心の病気のことです。

 

特徴としては、例えば、手が汚れているのではと不安になって異常なほどに洗ったり、外出の際鍵をかけたか何度も何度も確認したり、自分ではやり過ぎだとわかっていてもやめられないことが特徴です。

 

 

強迫性障害の原因は?

・気質要因
幼少期に教え込まれたこと、また感情や行動を強く否定されたことによる影響。

 

環境要因
強いストレスを引き起こす出来事や虐待などは強迫性障害の発症の危険性を高めるといわれています。

 

 

これらに加えて、
受験・就職・結婚・出産・育児などの強いストレスから発症することもあります。

 

また、几帳面な人、完璧主義な人なども性格的な可能性もあります。

 

 

強迫性障害の症状は?

 

【不潔恐怖】
汚れへの強い恐怖により過剰に手を洗ったり、長時間お風呂に入ったり、洗濯を何度も繰り返したり、またドアノブや手すりなどに手を触れられない。

 

 

【確認行為】
鍵をかけたか、電気のスイッチやガス詮は大丈夫か、など異常に確認します。確認しても安心できず、心配が頭から離れません。家族にまで確認させて、周囲を巻き込むこともあります。

 

 

【加害行為】
誰かに危害を加えたかもしれないという強迫観念にとらわれ、周囲の人や警察に確認することもあります。

 

危害を加えていないことが確認できても安心できず、何度も確認してしまいます。

 

このほかにも、自分の中で決めたルールを守らないと恐ろしいことが起きるのではないか不安になったり、不吉な数字や、物の置く位置へ異常なこだわりなどがあります。

 

 

そのまま放っておくと

日常生活の大半の時間を強迫行為にとられてしまったり、汚れや戸締りへの不安からひきこもりになってしまう人もいます。
 
 
 
また症状に苦しむ毎日が続くことで、気分が落ち込み精神的に不安定となり、うつ病やそのほかの不安障害を発症する可能性も高くなります。
 
 
 
 

強迫性障害チェックリスト

✅何回も手を洗わないと気がすまない

✅家の鍵や窓を閉めたか、何度も確認する

✅他人に危害を加えてしまうのではないかと恐れている

✅階段を上ったり下ったりを繰り返す

✅次から次に不安が頭をよぎる

 

 

その辛さをまわりに理解されにくく、自分の性格の問題だと思いこんでしまい、どこに相談したらよいか迷われることが多いと思います。

 

一人で抱え込まずに専門家に相談することが大切です。

 

 

短期間で強迫性障害を克服したい方は、一度、お試しカウンセリングを受けてみてくださいね

 

強迫性障害の対処法を知りたい方は
この記事もお読み下さい。
↓↓↓

強迫性障害を改善できる人とできない人の決定的な違いとは?