過食症を改善できる人とできない人の決定的な違いとは?

人間関係の悩みを9割減らし

自分軸でラクに生きていけるようになる

「劇的」 人間関係 

ビフォーアフター カウンセリング

いながきつとむです。

 

 

 

「過食症が治らないんです」

 

という人がいる一方で

 

「過食症が改善できて、自分のことが好きになりました」

 

 

このように人によって人生が大きく違います。

 

どう考えても過食症をが改善して、どんどん自分のことが好きになっていく方がいいですよね。

 

 

さて、この人生の違いは、「あることに気づくことで」大きく変化します。

 

人生を大きく変える気づきとはなんでしょうか?

 

 

それは・・・
=============
自分が悪循環にハマっていることに
客観的に気づけるか
=============
です。

 

 

過食症が治らない人の特徴は、早く治さなければといつも焦って、悪循環にはまっています。

 

反対に

 

過食症を改善できる人の特徴は、あ、今、自分焦っているなと悪循環にハマっていることに客観的に気づきます。

 

 

早く治さなければと焦っている人は、その時点で悪循環にハマっており、

 

早く変わらなければ

今の自分はダメだ

自分が嫌い

本来の力が出せない

苦しくなる

早く変わらなければ・・・・

 

と無限の負のループに入っています。

 

 

 

一方、今、自分焦っているなと客観的に悪循環に気づける人は、

 

今すぐ変わらなくていい

今の自分でOK

自分が好き

本来の力が出る

ラクになる

今すぐ変わらなくていい・・・

 

 

と善循環に入ることができ、気持ちに余裕が生まれます。

 

客観的に悪循環に気づけた時点で、悪循環は止まります。

 

 

無意識に焦っていた自分を意識的、客観的にみることで、苦しさが止まるのです。

 

 

人は誰でも悪循環に入ることがあります。

 

 

悪循環に入らないようにしよう、と心がけてもムダです。

 

 

だけど、できるだけ早く気づくということは、意識するとできるようになってきます。

 

 

早く気づけば、その分だけ楽に悪循環から抜け出せます。

 

 

不安や焦りを感じたときに、同時進行で冷静な自分が「あー不安になってるな」「焦ってるよ、私」と客観視できているんです。

 

 

だからすぐに悪循環から抜け出せます。

 

 

過食症を改善できる人生、
過食症を改善できない人生

 

あなたは、どちらを選びますか?

 

 

短期間で過食症を克服したい方は、一度、お試しカウンセリングを受けてみてくださいね

 

過食症を克服したい方は
この記事もお読み下さい。
↓↓↓

過食を克服する人は自分を○○しない