会食恐怖症を克服できる人とできない人の決定的な違いとは?

人間関係の悩みを9割減らし

自分軸でラクに生きていけるようになる

「劇的」 人間関係 

ビフォーアフター カウンセリング

いながきつとむです。

 

 

 

「会食恐怖症でとても辛いです」

 

という人がいる一方で

 

「会食恐怖症を克服して、

もう人の目が気にならなくなりました」

 

 

このように

人によって人生が大きく違います。

 

 

 

どう考えても

会食恐怖症を克服して、

どんどん人生が明るくなる方がいいですよね。

 

 

 

さて、この人生の大きな違いは、

なぜ起きるのでしょうか?

 

 

会食恐怖症を克服しようとして

食べる練習をする時、

=============

残したらダメと考えるか

残しても大丈夫と考えるか

=============

 

の違いです。

 

 

 

会食恐怖症を克服できない人は、

食事の練習の時でも

「残さず食べなければいけない」

と自分にプレッシャーをかけます。

 

 

残したら自分を責め、

自己嫌悪に陥り、

ますます恐怖症が重くなります。

 

 

これでは、負のスパイラルから

抜け出せません。

 

 

反対に

 

 

会食恐怖症を克服できる人は、

食事の練習の時、

「全然、残してもいい」

と自分に許可を出しています。

 

そうすれば、余裕が生まれますし、

最初は、

ひとくちでも、くちをつければ大成功

くらいの気持ちでいます。

 

 

会食恐怖症というのは、

ある日突然、治ってしまうという

カンタンなものではありません。

 

 

治すための取り組みを継続して、

少しずつ少しずつ、回復していく

ものです。

 

 

なので、最初から

「全部、食べなければいけない」

と思わず、

 

「全然、残してもいいから、

少しずつ、少しずつ」

のスタンスが大切です。

 

 

小さな成功体験が

克服につながっていきます。

 

 

会食恐怖症を克服できる人生、

会食恐怖症を克服できない人生

 

あなたは、どちらを選びますか?

 

 

 

会食恐怖症を克服したい方は

この記事もオススメです。

↓↓↓

 

 

会食恐怖症を克服したい方へ