会食恐怖症を克服するための5つのポイント

人間関係の悩みを9割減らし

自分軸でラクに生きていけるようになる

「劇的」 人間関係 

ビフォーアフター カウンセリング

いながきつとむです。

 

 

会食恐怖症を克服するために必ず知っておいて欲しいことが5つあります。

 

 

その5つとは・・・

 

①ハードルの低い目標から始める

②同じことを繰り返して効果を感じる

③行動の頻度を高くする

④いつも自分を高く評価して周りと比較しない

⑤やる気が起きない時に無理にやらない

 

具体的にお伝えします。

 

 

①ハードルの低い目標から始める

一番大切と言っても過言ではないのですが、焦らずに比較的ハードルの低い目標から行動することです。

 

例えば、「一歩外に出たらOK」とか「お店の前まで行ったら、OK」などです。

 

最初はスモールステップ(小さな一歩)から始める方が長い目で見ると効果は上がっていきます。

 

反対にいきなり、ハードルの高い目標を設定して達成できず、落ち込まないように気を付けて下さいね。

 

 

 

②同じことを繰り返して効果を感じる

同じことを何度も繰り返していくことも大切です。

 

なぜなら、同じことをすることで、「あれ?前よりも緊張しない」「不安がなくなってきたぞ」という変化を実感でき、その実感がやる気を引き出し、克服へつながっていくからです。

 

 

③行動の頻度を高くする

克服のスピードを上げたい場合は、「克服に向けた行動量を増やす」ことを意識して下さい。

 

たくさん行動して、経験を気づきが増えることで改善が生まれ、克服が早まることは間違いないです。

 

 

④いつも自分を高く評価して周りと比較しない

常に自分を高く評価して、「周り」や「普通」と比較しないこと。これが大切です。

 

「普通だったら、こんなことで悩まなくていいのに・・・」などと、比較してしまうこともあるでしょう。

 

ですが、この気持ちは「苦手を克服しよう」という前向きな気持ちや行動があるからこそ生まれるものです。

 

むしろ、苦手克服に前向きに行動している自分には、大きな価値があると捉えて下さい。

 

 

⑤やる気が起きない時に無理にやらない

ちょっとイヤなことがあったり、体調を崩したりしてやる気が起きない。

 

そんな時期もあるでしょう。

 

そんな時は、無理にやる克服の練習をする必要はありません。

 

自分の気持ちと体力が回復させることを最優先して下さいね。

 

 

以上の5つです。

 

 

 

大切なことは、会食恐怖症を克服するために前向きに行動していきたいという気持ちを日常生活の中で多く持てるかです。

 

 

気を付けてほしいのは、「○○しなければ」「○○じゃなきゃ」という思考になり、焦ってしまうことです。

 

 

この状態は、心の無視した行動で、疲れてしまいうまくいきません。

 

焦らず、ゆっくりで大丈夫です。

 

自分を褒めながら、スモールステップで克服していって下さいね。

 

 

短期間で会食恐怖症を克服したい方は、一度、お試しカウンセリングを受けてみてくださいね

 

会食恐怖症について知りたい方は
この記事もお読み下さい。
↓↓↓

会食恐怖症って何?