会食恐怖症って何?

会食恐怖症とは

 

会食恐怖症とは、​​社交不安症の1つとされている病気です。

 

具体的には、
誰かとご飯を食べること(会食行為)に対して、健全ではない強い不安を感じ、次第にその不安を避けようとすることで、友人関係、恋愛、仕事などで何らかの支障が出てしまい、「本来あるべき健全な社会生活が脅かされている」という状態が、半年以上続いている場合のことをさします。

 

 

会食恐怖症の原因は?

アンケートで約半数の人が学校や家庭における『完食指導』会食恐怖症の発症のきっかけとなったとうデータが出ています。

 

 

会食恐怖症の症状は?

​​会食恐怖症になると、実際に会食のシチュエーションはもちろん、直近の会食機会を想像しただけで、「症状」が出てしまうようになります。

 

具体的には、吐き気、めまい、胃痛、動悸、嚥下障害(食べ物が飲み込めない)、口の乾き、体(主に首や手足)の震え、発汗、顔面蒼白、緘黙(黙り込んでしまう)など、人それぞれです。

 

 

そのまま放っておくと

人に会うのも怖くなり、ひきこもり、うつ、対人恐怖症も同時に引き起こす可能性があります。
 
 
 

会食恐怖症チェックリスト

✅人前で食事ができない

✅外食ができない

✅外食するのが怖い

✅口に入れたものを飲み込めない

✅箸、ナイフ、フォークを持つ手が振るえる

✅誰かと食事するとき、吐き気やめまいがする

✅吐き気、胸の不快感がある

✅対人不安や緊張を抱えている

✅他人の目が気になる

 

一人で抱え込まずに専門家に相談することが大切です。

 

 

短期間で会食恐怖症を克服したい方は、一度、お試しカウンセリングを受けてみてくださいね

 

会食恐怖症の対処法を知りたい方は
この記事もお読み下さい。
↓↓↓

会食恐怖症を克服できる人とできない人の決定的な違いとは?