あがり症を克服するにはあがりきることが大切

人間関係の悩みを9割減らし

自分軸でラクに生きていけるようになる

「劇的」 人間関係 

ビフォーアフター カウンセリング

いながきつとむです。

 

 

 

あがり症を克服するのが早い人とそうでない人との違いとは何か?

 

一言でいうと、しっかりとあがりきれているかどうかです。

 

 

あがり症で悩んでいる人は、おそらく、あがり方が足りません。

 

あがらないようにしようとする。

 

その気持ちがあなた自身にあがり症を起こす力、あがる力を温存させてしまうのです。

 

 

まず、人前に出た時にあがってしまったら、あなたはそれを止めようとせずに、その場であがる力を出し切ってしまうように意識して下さい。

 

 

大事なことは、
しっかりとあがりきることによって、あがる力は発散されるということです。

 

あがり症を抑えることはできません。

 

いろいろな方法であがらないように自己暗示をかけることも可能かもしれません。

 

けれども、根本は以前として残ります。

 

あがることを抑えようとするなら、あがり症の克服はいつまでもできません。

 

抑えるのではなく、あるがままにする。

 

むしろ、あがる努力をする。

 

あがる力を出し切ってしまえば、もう何も残りません。

 

 

あがることを抑えるのではなく、あるがままにマイナスの力を発散させる。

 

慣れてくると、日常でもできるようになります。

 

 

そのくらいになれば、手の震えも起こらなくなり、あなたを苦しめてきた症状の数々は、いつの間にか軽くなっています。

 

しっかりとあがりきることを意識して下さい。

 

 

短期間であがり症を克服したい方は、一度、お試しカウンセリングを受けてみてくださいね

 

あがり症について知りたい方は
この記事もお読み下さい。
↓↓↓

あがり症って何?