アダルトチルドレンって何?

アダルトチルドレンとは

人間関係の悩みを9割減らし

自分軸でラクに生きていけるようになる

「劇的」 人間関係 

ビフォーアフター カウンセリング

いながきつとむです。

 

 

 

もともとは「親がアルコール依存症の家庭で育った人」という意味で使われ始めました。

 

幼少期に親から身体的・心理的虐待、または過保護、過干渉といった正当な愛情を受けられなかったことで、「生きづらさを抱えて生きる人」を意味します。

 

 

アダルトチルドレンの特徴は?

アダルトチルドレンの特徴は、完璧主義であったり、対人関係が苦手であったり、生きづらさを抱えているという特徴があります。

 

 

アダルトチルドレンとなる原因は?

ほとんどが親との関係、養育環境であると言われています。

 

①虐待を受けていた
②毒親(悪影響を及ぼす親)
③機能不全家族(ストレスが日常的に存在している家族状態のこと)
④アルコール依存症の親

 

アダルトチルドレンの原因はほとんどの場合、「親にある」といっても過言ではありません。

虐待などが子どもの心身の成長に影を落とし、成人した時に社会に適応できなかったり、人間関係をうまく築けなかったりしてしまうのです。

 

 

アダルトチルドレンの症状やタイプ

 

①ヒーロー(英雄)

親の期待に応えるため、勉強、スポーツで良い成績や評価をもらうことに精力を注ぎます
家庭内の雰囲気を悪くしないようにしています。

 

 

②スケープゴート(いけにえ)

問題行動を起こしたり、過剰に低い成績を取ったりすることで、家族の中で悪者や問題児となり、憎しみや怒りや不満を一人で引き受けようとします。

家族のバランスを取ろうとしています。

 

 

③ロスト・ワン(いない子)

家族の中での存在を消し気配を感じさせずに生きていこうとします。

いつも一人で孤独に過ごしてしまいます。

 

 

④ケアテイカー(世話役)

献身的に家族の世話をし家庭を支えます

家族が崩壊しないように、全てを一身に背負って、バランスが取れるように努力をします。

 

 

⑤ピエロ(道化師)

家族の暗い雰囲気を回避するため、おどけたり、冗談を言ったり、ふざけたりして笑わせ、家庭を明るくしようとします。

 

実はとても敏感に周囲の雰囲気を読み取り、人の表情を伺い、険悪なムードにならないように最新の注意を図っています

 

 

そのまま放っておくと

対人恐怖症、ひきこもり、トラウマ、心身症などになり、回復にものすごく時間がかかります。

 

 

アダルトチルドレン、チェックリスト

人付き合いが苦手で、いつもストレスをため込んでしまう

他人の顔色が気になって、上司・部下に意見が言えない

常に人と比べて、自分は劣っていると感じてしまう

いつも他人の意見に流されて、自分の軸がない

周りに助けを求めるのが苦手で、ひとりで何でも頑張ってしまう

親に否定され、心がすり減ってしまっている

恋愛をしても、自分をさらけ出すことができず、付き合って別れてを繰り返してしまう

他人の目や評価を過剰に気にしてしまい、自分の意見が言えなくなってしまう

過去の出来事がよく浮かび、いつもしんどくなってしまう

 

このまま放置しておいても、
自然と治っていくことはありません。

 

 

アダルトチルドレンを短期間で克服したい方は一度、お試しカウンセリングを受けてみてくださいね。

 

アダルトチルドレンを改善したい方はこの記事もオススメです。
↓↓↓

アダルトチルドレンを改善できる人とできない人の決定的な違いとは?