アダルトチルドレンを改善できる人とできない人の決定的な違いとは?

人間関係の悩みを9割減らし

自分軸でラクに生きていけるようになる

「劇的」 人間関係 

ビフォーアフター カウンセリング

いながきつとむです。

 

 

 

「アダルトチルドレンでいつも生きづらいです」

 

という人がいる一方で

 

「アダルトチルドレンを改善して、自分の人生を楽しんでいます」

 

 

このように

人によって人生が大きく違います。

 

どう考えても

アダルトチルドレンを克服して、

どんどん人生が充実してくる方がいいですよね。

 

 

さて、この人生の大きな違いは、

「あることは意識すること」で大きく違ってきます。

 

 

人生を大きく変える

意識の違いとはなんでしょうか?

 

それは・・・

 

=============

子供の頃の自分を癒せているか

=============

 

の違いです。

 

 

子供の頃の自分を癒せていない人の特徴は、

・いつも人の目が気になり、他人軸で生きる

 

子供の頃の自分を癒せている人の特徴は、

・人の目を気にせず、自分軸で生きる

 

 

子供の頃の自分を癒せていない人は、

大人になっても、他人の目が気になり、

親や他人が期待する方へ行動してしまいがちです。

他人軸で生きてしまうのです。

 

 

小さい頃から、家族の世話役をし、

家族のクッション役をしていたせいか、

親の機嫌を損ねちゃダメだ・・・

他人の期待に応えなきゃ・・

と思っている人も多いです。

 

 

僕も、そうでした。

家族のカウンセラー役をやっていたので、

常に親や他人の顔色を伺っていたのです。

 

 

本来の自分を殺して生きるので、

疲れてしまうのです。

 

 

一方、子供の頃の自分を癒せている人は、

他人の目を気にせず、自分軸で生きます。

自分の意見もしっかり持っています。

 

 

子供の頃の自分を癒すとは、

子供時代の自分と向き合い、

辛かった感情を深く感じます。

 

 

そして、母性愛で、

 

「本当にあの時は、よく頑張ったね!

本当にすごいよ!!!」

 

と丁寧に丁寧に自分に言ってあげるのです。

 

 

子供の時の負の感情を全て出し切り、

たっぷりその時の気持ちを

今の自分が分かってあげるのです。

 

 

そうすると、不思議なことに

今の自分にOKを出せるのです。

 

 

子供の頃の自分を癒すことは、

アダルトチルドレンを克服する上で

とても大切なことです。

 

 

子供の頃の自分を癒せていないと、

いつまでも生きづらさから解放されません。

 

 

そのためには、

子供の頃の自分を癒し、

自分軸で生きられるようになることが

とても大切です。

 

 

アダルトチルドレンを改善できる人生、

アダルトチルドレンを改善できない人生

 

あなたは、どちらを選びますか?

 

 

 

アダルトチルドレンを改善したい方は

この記事もオススメです。

↓↓↓

アダルトチルドレンを改善するための3ステップ

アダルトチルドレンを

今すぐ改善したい方はこちら

↓↓↓

アダルトチルドレンを解決 ~90日メソッド~

アダルトチルドレンを改善したい方へ