ACが家族の中で演じる5つの役割

人間関係の悩みを9割減らし

自分軸でラクに生きていけるようになる

「劇的」 人間関係 

ビフォーアフター カウンセリング

いながきつとむです。

 

 

家族の緊張した関係の中で、子供たちは、ありのままの自分を出すことを恐れるようになります。

 

「自分はここにいていいのだろうか?」
と不安を感じ、家族の中に居場所を見つけようとします。

 

 

そして、小さいころから、周囲の状況に合わせた役割を演じることを覚えます。

 

悪化した家族関係の中で、子供たちは主に5つの役割を演じるようになります。

 

 

 

①ヒーロー(優等生)

「優秀ないい子」「しっかりした子」でいることでなんとか評価されようと頑張ります。家族でも学校でも、何もかも完璧にこなそうと必死です。

「もっともっと」と期待され、家族の期待を一身に背負った役割です。

 

 

②スケープゴート(問題児)

家でも学校でも、何かと問題を起こします。攻撃的に振る舞うことで、自分の存在を主張しているのです。

実はそうすることで、家族に中にもともとあった問題からみんなの目をそらす役割も演じています。

「寂しい」「悲しい」と言えず、モヤモヤした感情を全て怒りや破壊的な行動で表してしまうのです。

 

 

③ロスト・チャイルド(忘れられた子)

家でも学校でも、存在をつい忘れられ、目立たない子です。

すみっこでそっと息をひそめ、緊張した家族関係で傷つけられることから身を守り、自分だけの空間をなんとか確保しています。

「私はどうでもいい存在なのでは?」
と感じ、孤独の中にいます。

 

 

④マスコット(甘えっ子)

おどけた態度やかわいい仕草で家族の緊張をやわらげ、場のなごませる役割を演じています。

みんなに笑ってもらおうと、いつも気を配っています。

自分の辛さをはっきり言葉にできず、まっすぐ目を見て話すのも苦手です。

 

 

⑤ケアテイカー(なだめ役)

トラブルが多い家庭の中で、小さい時から親の面倒をみたり、親のグチや相談を聞いたり、カウンセラーのような役割を演じます。

 

妹や弟の保護者役になったりもします。自分のことはいつも後回しで、ひたすら周囲の役に立とうとするのです。

 

家でも学校でも、いつも周囲の調整役。なので、自分の感情や自分のしたいことが分からなくなります。

 

 

このよう役割を小さい頃からやっていると、大人になってもこの行動パターン、思考パターンが抜けきれず、生きづらさの原因にもなります。

 

 

大人になってもこの見えない鎖につながれたままだと、負のスパイラルから抜け出せない方が多いです。

 

早めに克服しておく方が人生は楽になります。

 

 

アダルトチルドレンを短期間で克服したい方は一度、お試しカウンセリングを受けてみてくださいね。

 

 

アダルトチルドレンについて知りたい方はこの記事もオススメです。
↓↓↓

AC  見えない鎖を外す方法